ページ コンテンツ

福天神の細道

福岡天神の知り合いに紹介したい路地裏店を紹介しているブログです。 インスタグラム ツイッターでやっております。

ミディアムレアが極薄い衣に包まれた「牛かつ膳」 京都勝牛 天神西通り店

f:id:hukutennjin:20181028140205j:image

 揚げ物、和食、牛料理のお店

京都勝牛 天神西通り店

西鉄天神駅より徒歩5分の

 京都に本店を構える牛かつ専門店

 今回は金額高め

 

定休日

年末年始
営業時間

11:00~22:30
(LO22:00)

 

・場所

岩田屋天神店の裏の西通りにある一風堂

その左隣にお店への階段があり

入口は地下にあります。

・席

カウンター10席、テーブル2席×9卓

・内観

明るい色の木を使って暖かく落ち着いた雰囲気

・行きやすさ

お店が地下にあり外から見られないので

女性1人でも行きやすい
・時間帯

平日の12:30頃訪問

先客は女性2人1組と男女2人が3組

後から男女1人づつ男女、男女2人2組入店

・提供時間

6分ぐらい

 

メインメニュー

・牛かつ膳   並    1280円

        大    1480円

        特大   1680円

牛かつ京玉膳 並    1380円

        大    1580円

        特大   1780円

・牛たれかつ重      1150円

・牛ソースかつ重     1150円

・厚切り牛かつ膳     1580円

     京玉膳     1680円

     みぞれ     1680円

・黒毛和牛 牛かつ膳   2480円

・黒毛 牛かつ膳     1980円

 

単品メニュー

漬け物   100円

京玉    100円

赤だし   50円(おかわり自由)

キャベツ  50円(おかわり自由)

追いカツ  700円

ご飯、赤だし、キャベツはおかわり自由

 

 

f:id:hukutennjin:20181028140148j:image

 全体の写真はこんな感じ

今回注文したのは「牛かつ京玉膳 1380円」

正直言ってランチで1380円は高い

がその分食材などにこだわっている。

肉はロースの部位「ハネシタ」を使用

赤身の中に適度な脂身がありジューシー

それをサクサク極薄の衣に包んで揚げています。

火の入れ方はミディアムレアで

赤身の旨味をしっかり引き出している。

さらに口内の熱で適度な脂身が溶け出し

舌の上で赤身と脂身の良さが混ざり合う。

 

食べ方は通常は4種類

・わさび醤油  スタンダード

・山椒塩         山椒は香りがふわり

・牛かつソース すりごまを合わせても○

・和風カレーつけ汁  辛味よりダシ強め

京玉ダシを効かせた半熟卵

私はプラス100円で京玉を追加して

この5種類の食べ方を楽しみました。

 

残った京玉かカレーを麦ご飯にかけて〆

 

ご飯は牛かつに合う麦ご飯を提供

 

卓上調味料は

牛かつソース、だし醤油、すりごま、七味

とキャベツ用の和風ドレッジング(酸味強め)

 


電話

092-751-6655
場所

福岡県福岡市中央区大名1-12-61 新天ビル B1F
定休日

年末年始
営業時間

11:00~22:30
(LO22:00)

 

 

この情報は訪問当時のものです。
営業時間、定休日、価格、メニューが異なる場合がありますので
お店のHPやお電話にて事前にご確認下さい。


その他詳しい情報はこちらのURLから

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40043608/

「京都勝牛」のホームページ

京都 牛カツ専門店「勝牛」

 

近くのお店